他の犬に吠えるのは、「他の犬のことが嫌いだからだ」と決めつけていませんか?

行動のトポグラフィー(物理的外観)が同じだからといって、行動の機能(その行動をする理由)も、同じとは限りません。

行動の理由が違えば、私たちが取り組み、解説するべき問題も違います。

このミニコースでは、犬が、「散歩中に他の犬に向かって吠える場合に考えられる、行動が起こり、繰り返される理由と、犬が抱えている苦痛・直面している問題 」をまとめた資料(PDF形式。A4。1枚)をダウンロードできます。

モダン&エシカル・アニマル・トレーナー・コース -  レベル1の受講生が、Ethological Category(動物行動学的分類)が、行動の理由ではないことと、適切な対処を選択するためには、行動を客観的に観察し、行動が起こり、繰り返される理由を、科学的に分析して、理解する必要があることを、理解できるように、制作した補足資料を、受講生以外の方にもダウンロードしていただけるようにしました。

たくさんの犬を見てきたプロでも、見落としがちなことや、自分がしてしまいやすい「決めつけ」に、気づくきっかけにしていただけると思います。

資料は、モダン&エシカル・アニマル・トレーナー・コース -  レベル1の受講生を前提に制作しています。

資料内で使われている言葉が指すしくみや意味がわからない方、科学と高い倫理基準に基づく行動改善について詳しく知りたい方は、モダン&エシカル・アニマル・トレーナー・コース - レベル1の受講をお薦めします。

カリキュラム

  1. 1
    • はじめに

    • 資料ダウンロード

講師

齋藤美紀, KPA CTP, CPDT-KA


動物の生活向上と、人と動物のよりよい関係づくりを目指す、動物の行動とトレーニングのコンサルタント。目の見えない犬(ブラインドドッグ)のトレーニングのスペシャリスト。



2019年度まで、日本各地で、年間40以上の講義やセミナーを提供。動物の生活向上と建設的な行動支援のために不可欠な、行動変化の科学、倫理、先行事象のアレンジと正の強化を利用した実践的なケアとトレーニングのスキル等教えている。

国内外の犬関連雑誌への寄稿や、プライベート・コンサルテーションや、オンライン・コーチング、海外の動物に関わるプロフェッショナルの招致イベントの企画・主催・運営等も行う。

生徒、クライアントは、ドッグトレーナー、獣医師、動物看護師、ペットシッター、トリマー、動物園・水族館スタッフ、犬の飼い主など、幅広い。

お申込み(受講手続き)の前に、必ずご確認ください。

  • 資料のダウンロードには、BAW ACADEMYのアカウントが必要です。
  • コース(モジュール、ミニコース、資料を含む)の受講手続きの前に、必ず、「ご案内・禁止事項・免責事項」をご覧ください。
  • コース(モジュール、ミニコース、資料を含む)の受講手続きを以て、「ご案内・禁止事項・免責事項」の内容をすべて理解、承諾いただいたものと見なします。