「動物のトレーニングのプロフェッショナルは、動物の福祉のプロフェッショナルでもあるべき(Ken Ramirez)」

BAW ACADEMY(バウ・アカデミー)は、より新しく、より動物に親切な知識、技術、解決策を探し、学び、自分自身を改善し続ける、動物のプロフェッショナルのためのオンライン・スクールです。

進歩し続ける動物の福祉、行動変化の科学と技術、倫理、正の強化に基づく実践的なトレーニング・スキルを学べる様々なコースやイベントを提供しています。

オンライン・コースは、いつでもはじめられ、自分のペースで進められるオンデマンド&セルフ・ペース型

内容は、常にアップデートされ、お住まいの地域に関係なく、インターネットに安定して接続できる環境があれば、どこにいても、どこからでも、世界レベルの最新の情報を日本語で知り、学ぶことができます。

モダン&エシカル・アニマル・トレーナーとは…

BAW ACADEMYでは、最新にアップデートされた科学と実践の知識とスキル、倫理に基づいて、動物にトレーニングを提供できるトレーナーのことを「モダン&エシカル・アニマル・トレーナー」と呼び、その育成と継続学習、活躍、交流を支援しています。


BAW ACADEMYのこれまでとこれから

〜世界レベルの知識と倫理を日本へ〜

2014年に、「しつけ」教室では、学ぶことができない、犬のトレーニングの科学と倫理について学べるプログラムとしてスタートした「SDOA(Smart Dog Owner Academy)」は、その後、「ベーシック・コース」に改名。「ベーシック・コース」で学んだ知識を、実際に使い、自分自身のスキルをチェックし、その向上を目指す「アドバンス・コース」も誕生。

世界のトレーナーたちが持つ最新の科学的知識、倫理、実践的スキルについて、系統立てて学べる唯一無二のコースとして、認知され、ドッグトレーナー、獣医師、動物看護師、ペットシッター、トリマー、水族館飼育担当者等、幅広い動物に関わるプロフェッショナルに受講いただいてきました。

BAW ACADEMYのコースの修了生は、2020年度までで、のべ約400名にのぼります

また、どなたでもご参加いただける1DAYオープン・セミナーや、外国人講師・特別講師を招致してのイベントも開催してきました。

BAW ACADEMYは、2020年度より、日本各地で、クラスや講義を開催する「モバイル・スクール」から、「オンライン・スクール」へ移行。

コースを、オンデマンド&セルフ・ペース型で提供することにより、安定したインターネット環境とパソコンさえあれば、いつでもどこでも、いつからでも学べるようになりました。

BAW ACADEMYは、これからも、コースやイベント、その他教育サービスを通じて、動物のためのよりよい方法を探し続け、自分自身を改善し続ける「質の高い動物のケアとトレーニングのプロフェッショナル」の学びと活躍を支援していきます


Reviews

レビューをくださった受講者のみなさま、ありがとうございます!

5 星評価

リソース・ガーディング 〜資源を守ろうとする犬の行動の科学と建設的な対処〜を受講して

智恵 菊池

動物に関わる多くの人に聞いてほしい講座です。 

動物に関わる多くの人に聞いてほしい講座です。 

縮める
5 星評価

勉強になりました!

AKI OKUNO

1つ1つの講義が丁寧で分かりやすく構成されており、参考動画・資料も多く非常に勉強になりました。モチベーションもあがり、次の受講が楽しみです!

1つ1つの講義が丁寧で分かりやすく構成されており、参考動画・資料も多く非常に勉強になりました。モチベーションもあがり、次の受講が楽しみです!

縮める
5 星評価

とても勉強になりました!

緋花里 高嶋

5 星評価

リソースガーディングの定義~よくある解釈とその問題点までの感想

美穂 松島

全てのタイトルに置いて、大変分かりやすく、「物を守る」行動を分かっているようで分かっていなかったのだと実感しました。そもそも専門家の間でも定義が分かれていることを簡単に捉えていたと恥ずかしくなりました。

全てのタイトルに置いて、大変分かりやすく、「物を守る」行動を分かっているようで分かっていなかったのだと実感しました。そもそも専門家の間でも定義が分かれていることを簡単に捉えていたと恥ずかしくなりました。

縮める
5 星評価

すべての人に

Michie Kano

犬とかかわるすべての人に知ってほしい内容だと思いました。

犬とかかわるすべての人に知ってほしい内容だと思いました。

縮める
4 星評価

非常に参考になりました

JUNKO KURIBAYASHI

ケース別の行動改善プランが非常にわかりやすかったです。

ケース別の行動改善プランが非常にわかりやすかったです。

縮める
5 星評価

リソース・ガーディング

MAKOTO TSURUOKA

How To 以前のとても大事な情報を学ぶことができますね

How To 以前のとても大事な情報を学ぶことができますね

縮める
5 星評価

大好きな犬のために。

江幡 奈津子

大好きな犬たちのために、人間が犬の行動を見る目を持つことの重要性を感じています。 そばにいる人間が、犬たちにとってより良いものでありたいです。 一緒にいてくれる犬たちへ感謝を込めて人間が学び続けなければと思いました。

大好きな犬たちのために、人間が犬の行動を見る目を持つことの重要性を感じています。 そばにいる人間が、犬たちにとってより良いものでありたいです。 一緒にいてくれる犬たちへ感謝を込めて人間が学び続けなければと思いました。

縮める

講師

齋藤美紀, KPT CTP, CPDT-KA


動物の生活向上と、人と動物のよりよい関係づくりを目指す、動物の行動とトレーニングのコンサルタント。目の見えない犬(ブラインドドッグ)のトレーニングのスペシャリスト。



2019年度まで、日本各地で、年間40以上の講義やセミナーを提供。動物の生活向上と建設的な行動支援のために不可欠な、行動変化の科学、倫理、先行事象のアレンジと正の強化を利用した実践的なケアとトレーニングのスキル等教えている。

国内外の犬関連雑誌への寄稿や、プライベート・コンサルテーションや、オンライン・コーチング、海外の動物に関わるプロフェッショナルの招致イベントの企画・主催・運営等も行う。

生徒、クライアントは、ドッグトレーナー、獣医師、動物看護師、ペットシッター、トリマー、動物園・水族館スタッフ、犬の飼い主など、幅広い。


人の認知のバイアスがかかった理解では、動物のための選択はできない

行動変化の科学やトレーニングは、私たちがケアする動物のニーズや直面している困難を理解し、彼らが、より安全に、よく生きられるよう手伝うという目的を実現するためのツールです。また、実際に起きていることを客観的に観察し、調べ、理解するスキルも不可欠。

人の認知のバイアスがかかった理解は、動物の視点ではなく、人の視点。感情や勘や印象に基づく、行動や、行動に対する対処の仕方の判断と選択は、その人にとって都合のいいもの、その人のためのものであって、動物のためのものではありません。

実際に起きていることを観察し、分析することなしに、その動物が経験していることも、その動物のニーズ(直面している困難や抱えている問題、必要としていること)も、正しく理解することはできません。正しく理解できなければ、その動物にとってより親切な判断と選択はできません。

それぞれの動物は、遺伝的に受け継いでいることも、してきた経験(学習)も、好みも、同じではありません。また、置かれている環境も異なり、どんな動物にも、どんなケア・ギバーにも、制限があります。より親切で、よりよい選択は、その動物によっても、その動物が置かれている環境、そのときの状況によっても違います。

個々の動物のニーズを理解し、その動物を助け、その動物の生活を改善する選択(よりよいケアと建設的なトレーニングの提供)ができるようになるには、様々な知識とスキルが必要です。

行動変化の科学と戦略(応用行動分析学 ABA)、それを動物たちのために役立てるための高い倫理基準、彼らの暮らしと行動を支援するための、建設的アプローチ、先行事象のアレンジと正の強化のティーチング・スキル、実際に起きていることを観察し、小さなストレス・シグナルに気づき、望ましい行動を見つけるオブザベーション・スキル、人が気づきにくい動物たちの不快・苦痛、ストレスについての知識。

私たちは、こうした知識を系統立てて学び、スキルを磨き続ける必要があります。なぜなら、私たちの目は節穴だらけで、スキルなどたいしたことはないからです。これまでやってきたことに満足すれば、成長はありません。私たちは、完璧ではなく、よりよい方法は必ずあります。

一緒によりよい方法を探し続け、取り入れ続けていきましょう!

齋藤美紀, KPT CTP, CPDT-KA
BAW ACADEMY講師
動物のよりよい生活と、人と動物とのよりよい関係を手伝う、動物の行動とトレーニングのコンサルタント

目の見えない犬のトレーニングのスペシャリスト


BAW ACADEMY Facebookページ

新しいコースの公開など、BAW ACADEMYの最新情報は、Facebookページでご案内しています。