よくある7つのケース別行動改善プランも

行動の科学的理解と建設的戦略

犬のリソース・ガーディングの定義から、よくある解釈と対処方法の問題点、行動の機能分析、分析結果に基づく行動改善プランの立て方、そして、よくある7つのケースの行動改善プランまでを網羅しています。

コース受講によって、リソース・ガーディングに対して、科学的で、安全で、動物の福祉も向上させる、行動改善方法を選択できるようになります。また、根拠を示して、その選択の理由や重要性を説明できるようになります。

リソース・ガーディングでよくある7つのケースに対する行動改善プランは、基本行動(ターゲティングやステーショニング)を利用し、達成可能なクライテリアで、安全、かつ、エラーレスで進められるように設計されています。ご自身の犬、および、クライアントとクライアントの犬の個別指導で、お使いいただけます。

人がいるべき位置やトリーツの提供場所、道具の配置など、環境設定は、イラスト入りで、解説しています。

なお、ケース別行動改善プランは、先行事象のアレンジと正の強化に基づくマーカー・トレーニング、犬のストレス・シグナル観察の知識と実践的スキルを持つ方が、実施、または、指導されることを前提に、設計・記述しています。

また、コース内で使われる言葉が含まれる用語集をご用意していますが、行動変化のしくみなど、行動変化の科学の基礎知識についての詳しい解説は含まれていません。

前提知識に不安のある方は、先にモダン&エシカル・アニマル・トレーナー・コース - レベル1をご受講ください。

カリキュラム

学習時間のめやす:5〜6時間。コース受講可能期間:90日

  1. 1
  2. 2
    • ハンドアウト

    • 用語集

  3. 3
    • リソース・ガーディングの定義

    • 確認クイズ【定義】

  4. 4
    • よくある解釈と問題点 1

    • 変わったのは、性格ではなく、行動

    • よくある解釈と問題点 2

    • このチャプターで使用した資料

    • 確認クイズ【よくある解釈とその問題点】

  5. 5
    • 懲罰式対処の副作用

    • 確認クイズ【懲罰式対処の副作用】

  6. 6
    • 大切なものを守ろうとするのは、当たり前

    • このチャプターで使用した資料

    • 確認クイズ【大切なものを守ろうとするのは当たり前】

  7. 7
  8. 8
    • 機能分析

    • 確認クイズ【機能分析】

  9. 9
    • マネジメントとは

    • 新しい行動に置き替えるためにも、望ましくない行動を未然に防ぐためのマネジメントは不可欠

    • マネジメント・プランの立て方

    • 動物と関わるときの環境設定

    • MOやSetting Eventは、ひとつとは限らない

    • 確認クイズ【マネジメント・プラン】

  10. 10
    • エンリッチメント&エンパワーメントプラン

    • 確認クイズ【エンリッチメント&エンパワーメント・プラン】

  11. 11
  12. 12
    • メンテナンスとは

    • 「食事をしているときに、人が近づくと噛む」という問題の場合のメンテナンス・プラン

    • 確認クイズ【メンテナンス・プラン】

  13. 13
    • 行動改善プランについて

    • 行動改善プランの利用にあたって

    • ティーチング・プランが、うまく進まない場合

    • 行動改善プラン ケース1【MO食べもの+SD人の接近】

    • 行動改善プラン ケース2【MO食べもの+SD同居犬の接近】

    • 行動改善プラン ケース3【MOおもちゃ+SD人の接近】

    • 行動改善プラン ケース4【MOおもちゃ+SD同居犬の接近】

    • 行動改善プラン ケース5【MO特定の人+SD他の人の接近】

    • 行動改善プラン ケース6【MO特定の場所または人+SD同居犬の接近】

    • 行動改善プラン ケース7【MO特定の場所+SD人の接近】

  14. 14
    • 治療よりも予防することが、賢明な選択

    • 飼い主の行動がリソース・ガーディングを作る(Michael Shikashio)

    • パピークラスでの予防エクササイズ(The Academy For Dog Trainers)

    • パピーのための予防エクササイズ (Emily Larlham)

  15. 15
    • なぜ行動の科学的理解と建設的な対処が必要なのか

  16. 16
    • このコースについてのよくあるご質問とご回答

  17. 17
    • アンケートにご協力をお願いします。ご回答は、お名前のイニシャルとともに、BAW ACADEMYのサイトやSNS(Facebook、Instagram等)に掲載させていただくことがあります。※回答を希望されない場合は、「質問をスキップ」をクリックして、最後まで進んでください。

    • アンケートへのご協力ありがとうございます!

    • CCPDT CEU獲得ご希望の方へ(それ以外の方は、内容の確認は必要ありません。画面下の「完了させて続行」をクリックして、コースを修了してください)

キーワード

攻撃的な行動、問題行動、行動改善、行動変化の科学と戦略、マネジメント、エラーレス、トレーニング、エンリッチメント、先行事象のアレンジ、正の強化、建設的アプローチ、QOL、動物の福祉

CCPDT CEU獲得対象コース

CPDT-KAの方は、コース修了とコース内での申請手続きにより、6 CEUs獲得できます。

講師

齋藤美紀, KPA CTP, CPDT-KA


動物の生活向上と、人と動物のよりよい関係づくりを目指す、動物の行動とトレーニングのコンサルタント。目の見えない犬(ブラインドドッグ)のトレーニングのスペシャリスト。



2019年度まで、日本各地で、年間40以上の講義やセミナーを提供。動物の生活向上と建設的な行動支援のために不可欠な、行動変化の科学、倫理、先行事象のアレンジと正の強化を利用した実践的なケアとトレーニングのスキル等教えている。

国内外の犬関連雑誌への寄稿や、プライベート・コンサルテーションや、オンライン・コーチング、海外の動物に関わるプロフェッショナルの招致イベントの企画・主催・運営等も行う。

生徒、クライアントは、ドッグトレーナー、獣医師、動物看護師、ペットシッター、トリマー、動物園・水族館スタッフ、犬の飼い主など、幅広い。

コース修了生の声

アンケートへのご協力ありがとうございます。

  • A.A様

    考え方、分析の仕方などの丁寧な解説、大変勉強になりました。さらに実際の具体的な行動改善プランを見せていただくことで、その考え方や分析方法をとるとどのようなことができるか、まで理解でき、自分の至らなさを顧みることもできました。ありがとうございました

  • Y.M様

    環境の設定が大事だと改めて気づかされました。ケース別行動改善プランはとても参考になりました。

  • J.K様

    MOとセッティングイベントのところの理解が今まで足りなかったが、こちらのコースを受講してより理解が深まりました。ケース別プランが、本当に細かく非常に勉強になりました。クライアントさんにも具体的にアドバイス出来そうです。

  • M.K様

    きめ細やかなプランニングとセッションの十分な繰り返しの重要性を再認識しました。今後に活かしていきたいです。ありがとうございました。講義内容はもちろんですが、具体例別の行動改善プランがありがたかったです。自分の思うプランニングよりもっときめ細やかに考えていかなければならないことを実感できました。

  • C.K様

    BAW ACADEMYのオンラインコースをはじめて受講しましたが、充実した内容であり、満足度の高い講座でした。今後も他コースの受講したいと思っています。

  • S.K様

    鳥のインストラクターをしております。とっても理解しやすくおもしろく、一気に受講させて頂きました!これからも 愛情を持って科学的な目で動物を理解し、ポジティブ・レインフォースメントで接していく為に知識と経験を深めたいと思いました。またの受講を楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

  • A.O様

    エンリッチメントとエンパワーメントの必要性・重要性を再認識しました。ただ「攻撃している」という行動のみにスポットを当てて対処しようとするのではなく、普段からストレスを溜めない環境作りが出来ているかどうかなど、幅広い視点を持って考える事が大切だと頭に叩き込みました。

  • M.N様

    ベーシックコースで学んだことの復習、確認ができました。行動改善プランはどれも細かく丁寧で、リソースガーディングで困っている方への対応に使わせていただきたいと思います。適切なトレーナーとして判断していただけるような明確な倫理基準をわかりやすいところに掲示しておかなければと思いました。

  • R.T様

    リサージェンスやマッチングローについての部分、特にハンドアウトで言うとスライド47。曖昧だった部分が詳しく復習できて、スライド47ではマネジメントの重要性がとてもよくわかった。

お申込み(受講手続き)の前に、必ずご確認ください。

  • コース、モジュールのお申込みの前に、必ず、「ご案内・禁止事項・免責事項」をご覧ください。
  • コース、モジュールのお申込みがあった場合、「ご案内・禁止事項・免責事項」の内容をすべて理解、承諾いただいたものと見なします。
  • コース・モジュールの受講手続き(カード決済)後の返金、受講期間の変更はできません。
  • お問い合わせいただく場合は、FAQをご確認ください。FAQに掲載している事柄や操作方法のテクニカル・サポートのお問い合わせ、禁止事項に当たる個別に情報提供や連絡を求めることには、お返事を差し上げておりません。

Learn together for better animal welfare!

動物たちのために、より親切な選択とトレーニングについて、一緒に考え、学び続けていきましょう!